【海外の反応】欲張りジャポーネ

海外の反応ブログ。このブログを読むだけで日本がちょっと元気になる。そんな記事を書いていきたいと思います。英語苦手なので訳が間違ってたら教えてください。

youtube

【海外の反応】millennium parade_U 竜とそばかすの姫「カンヌ総立ち!」「この世の物とは思えない」「カリスマ性があるね」

www.youtube.com マンガ・アニメ一覧 中村佳穂(Belle)さんが歌うmillennium paradeの『U』は令和3年7月公開の細田守監督作品『竜とそばかすの姫』のメインテーマです。millennium paradeはKing Gnuでも活躍する常田大希さん率いるバンド。竜とそばかすの姫は…

【海外の反応】神社での結婚式”神前式”を紹介「なんて美しくて上品なの!」「トイレに行くのが大変そう」

www.youtube.com 「バイリンガール」としてYouTubeで活躍する ちか さん。日本文化を英語で紹介するアカウント「ジャパナゴス」も管理していらっしゃいます。赤坂氷川神社で神前結婚式を挙げられており、その様子をアップしていらっしゃいました。白無垢の着…

【海外の反応】millennium parade_Trepanation ホムンクルス実写化「視覚レベルが絶対的頂点」「パレードみたいだな…」

www.youtube.com King Gnuでも活躍する常田大希さん率いるバンドmillennium paradeのTrepanation。MVは令和3年4月30日にYouTubeで公開されました。自我を手に入れるアンドロイドの刹那的な物語を描いた複雑怪奇なミュージックビデオに、平井進さんの「パレー…

【海外の反応】米津玄師_春雷「感情が聞こえる…」「悪い歌が全くないな」

米津玄師 MV「春雷」Shunrai アーティスト一覧 春雷は米津玄師の楽曲。2017年12月5日に米津さんのTwitterアカウントのフォロワー数、YouTubeチャンネルの登録者数が100万人を突破したことを記念しMVが作成されました。恋心を歌った歌ですが、「好き」「愛し…

【海外の反応】King Gnu _ 泡「英語で歌ってたらグラミー賞だよ」「MVの彼はプロダンサーじゃないのか」

King Gnu - 泡 「泡」は映画「太陽は動かない」の主題歌で2021年に3月5日にMVが公開されたKing Gnuの楽曲です。前身バンドのSri.Vinci時代に作られたABUKUが原曲となっている歌で、新たに作成されたMVにはかつてドラマ ウォーターボーイズで活躍していた森山…

【海外の反応】LiSA _炎 無限列車編主題歌「煉獄さん…」「生涯忘れることのない物語」

マンガアニメ一覧 LiSA 『炎』 -MUSiC CLiP- 2020年10月13日に公開されたMV。 人気マンガ「鬼滅の刃」の映画「無限列車編」主題歌。映画は公開から59日でついに300億を超える大ヒット。同年第62回日本レコード大賞を受賞しました。「炎」はエンディングソン…

【海外の反応】King Gnu _ 千両役者「キングヌーというジャンル」「マイケル・ジャクソンを彷彿とさせるな」

King Gnu - 千両役者 「千両役者」は2020年に12月1日にMVが公開されたKing Gnuの楽曲です。 NTTドコモ5GのCMソングで俳優の佐藤健さんが曲に合わせてパフォーマンスする様子が話題を呼びました。一足先に発表された「三文小説」と対をなすタイトルですが、歌…

【海外の反応】DA PUMP _ if...「この頃の彼らが存在してたら…」「日本のジャスティン・ティンバーレイク」

DA PUMP / if... 「if...」は2000年に発表されたDA PUMPの楽曲で自己ベストヒットシングルにもなった歌です。森の中でのPVが度々話題にのぼりますが青木ヶ原樹海で撮影されたものだそうです。 PVも含めて根強い人気がある曲ですが20年前のものなので視聴…

【海外の反応】米津玄師_海の幽霊(アニメ映画 海獣の子供主題歌)「声が海を運んでくる」「見るたびに泣いてしまう」

マンガ・アニメ一覧 米津玄師 MV「海の幽霊」Spirits of the Sea アーティスト一覧 2019年5月27日にYouTubeで公開されたMV。五十嵐大介さん原作の映画「海獣の子供」の主題歌として制作されました。米津さんは原作のファンで、映像化の話を聞いてご自身から…

【海外の反応】millennium parade_Philip「なんでコメントがこんなに日本語だらけなんだろ」「昔のサイバーパンク映画みたいだね」

millennium parade - Philip 令和2年10月1日にYouTubeで公開されたMV。millennium paradeはKing Gnuでも活躍する常田大希さん率いるバンドです。作中の犬の鳴き声を中野裕太さんが担当したり、MVにmillennium paradeやKing Gnu、Srv.Vinciに関連する看板など…

【海外の反応】米津玄師_カナリヤ「lemonの続編かな」「彼の声は癒しだよ。」

米津玄師 MV「カナリヤ」 アーティスト一覧 2020年11月19日にYouTubeで公開されたMV。米津さんの5thアルバム「STRAY SHEEP」の最後に収録された曲。公開から16時間で170万回以上再生され、急上昇ランキング1位にもなっています。 MVは「誰も知らない」や「万…

【海外の反応】King Gnu_三文小説「男性の声?女性の声?」「これは現実にしては美しすぎる」

King Gnu - 三文小説 11月6日20時にYouTubeで公開されたMV。12月にKing Gnu6作目となるシングルとして発売される予定です。この歌は柴咲コウさんが主演を務めるテレビドラマ『35歳の少女』の主題歌として書き下ろされました。YouTubeの動画には公開開始から…

【海外の反応】ゴスペラーズ_ひとり《THE FIRST TAKE》「彼らはマフィアみたいに見えるけど…」「彼らの声は天使みたいだ」

ゴスペラーズ - ひとり / THE FIRST TAKE 男性5人のア・カペラグループ、ゴスペラーズによって2001年にリリースされた曲。この曲でリードボーカルを務める村上てつやさんの作詞作曲です。第52回NHK紅白歌合戦に初出場した際にも歌われました。ア・カペラシン…

【海外の反応】米津玄師_カムパネルラ「彼の歌は深い意味を持っているようだね」「歌い方が変わったね。」

米津玄師 MV「カムパネルラ」 「カムパネルラ」は2020年に発表された米津玄師さんの楽曲。MVに登場する女性は中島セナさん。撮影当時14歳です。中外製薬のMIRAIO「こんにちは未来人です」のCMで有名ですね。 この歌は宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」を題材に…

【海外の反応】初音ミク_千本桜「これはファンアート?」「歌はいいんだけど旭日旗が…」

「MV」 千本桜 WhiteFlame feat 初音ミク 2011年に公開された初音ミクの楽曲。初音ミクは音声合成ソフトで一般的にボーカロイドと呼ばれています。作詞作曲は黒うさPさん。和楽器バンドや小林幸子さんのカバーで世間に広く認知されましたが、原曲がボーカ…

【海外の反応】和風総本家に登場する豆柴「豆助」にかわいいの嵐「歩く人形みたい」「日本にいる間に本を買えばよかった…」

「和風総本家 豆助っていいな。」七代目豆助①/Japanese Shiba Inu テレビ大阪による和をテーマにしたクイズ番組『和風総本家』に登場する豆柴の豆助。この番組は2009年から放送され、終盤は『二代目 和風総本家』とタイトルを変えて12年も放送された人気番…

【海外の反応】AKB48_恋するフォーチュンクッキー「人生を明るくしてくれる本物のアイドル」「この歌を聞けば世界から悪が消える」

【MV full】 恋するフォーチュンクッキー / AKB48[公式] 2013年8月公開のAKB48の曲。「AKB48 32ndシングル総選挙」の1位から16位までのメンバーが歌っています。AKB48はセンターも総選挙で1位になったメンバーが務めることになっていますが、この時は指原莉…

【海外の反応】東京事変_幕ノ内サディスティック–椎名林檎さんの「丸ノ内サディスティック」事変ver–「完璧な女王」「世の中にこんなアーティストがいるのか」

東京事変 - 幕ノ内サディスティック 2013年5月公開の東京事変の動画。本当の曲名は「丸の内サディスティック」で動画タイトルと異なります。これはいろんなライブの映像を組み合わせたことで「幕内弁当」のような動画ができたことから遊び心でつけられたタイ…

【海外の反応】ピコ太郎_PPAPペンパイナッポーアッポーペン「ギネスから賞をもらったね」「これまでで最も適当な歌」

PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)ペンパイナッポーアッポーペン/PIKOTARO(ピコ太郎) 2016年8月公開のピコ太郎の曲。ピコ太郎はお笑い芸人の古坂大魔王さんのネタに登場するキャラクターです。YouTube上にアップされるとジャスティン・ビーバーさん…

【海外の反応】米津玄師_馬と鹿「彼はすごく脆くて弱そうだよ」「美しいけど恐ろしいね。」

米津玄師 MV「馬と鹿」Uma to Shika 収録アルバムSTRAY SHEEP 1.カムパネルラ 2.Flamingo 3.感電 4.PLACEBO+野田洋次郎 5.パプリカ 6.馬と鹿 7.優しい人 8.Lemon 9.まちがいさがし 10.ひまわり 11.迷える羊 12.Décolleté 13.TEENAGE RIOT 14.海の幽霊 15.カ…

【海外の反応】 DA PUMP_U.S.A「アメリカ人は国歌に掲げよ!」「我々は酷い戦争を経験した。そして…」

DA PUMP / U.S.A. U.S.Aは2018年に発表されたDA PUMPによるカバー曲。原曲はイタリア人歌手ジョー・イエローによる1992年のユーロビート。DA PUMPのカバーにより、原曲は2019年著作権使用料分配額では年間1位にランクインしました。「ダサカッコいい」と表現…

【海外の反応】ゲスの極み乙女。 _私以外私じゃないの「ベース音で心臓発作を起こしそう」「テラスハウスで休日課長を見たよ」

ゲスの極み乙女。 - 私以外私じゃないの 2015年に発売された2枚目のシングル。MVにはバンドメンバー4名の他、歌舞伎メイクの女性が登場しますが、この方はコーラスで楽曲に参加されている佐々木みおさんです。コカ・コーラのCMソングになったことから…

【海外の反応第2弾】椎名林檎とトータス松本 _目抜き通り「ジェームズボンドのテーマソングにすべき」「椎名は日本音楽の最高指数」

椎名林檎とトータス松本 - 目抜き通り 「目抜き通り」は椎名林檎さんとウルフルズのvoトータス松本さんがコラボした楽曲。 2017年にオープンした「GINZA SIX」のテーマ曲として椎名さんが書き下ろしました。元はCMソングだったため短いものでしたが、椎名さ…

【海外の反応】yama_春を告げる「1秒で恋に落ちた」「イラストは韓国漫画見たいだね」

yama - 春を告げる (Official Video) 「春を告げる」は2020年4月に発表されたyamaさんの楽曲。 瑛人さんの「香水」やYOASOBIさんの「夜に駆ける」と同じく、SNSなどネット上で曲が評価され有名になったタイプで、スポティファイの人気ランキングの上位にも入…

【海外の反応】米津玄師_感電「伝説が戻ってきた」「誰か、彼を弱体化させてくれ!」

米津玄師 MV「感電」 収録アルバムSTRAY SHEEP 1.カムパネルラ 2.Flamingo 3.感電 4.PLACEBO+野田洋次郎 5.パプリカ 6.馬と鹿 7.優しい人 8.Lemon 9.まちがいさがし 10.ひまわり 11.迷える羊 12.Décolleté 13.TEENAGE RIOT 14.海の幽霊 15.カナリヤ 「感電 …

【海外の反応】King Gnu_Slumberland「PrayerXっぽい」「ボーカルイケメン///」

King Gnu - Slumberland 「Slunberland 」は2019年にMVが公開されたKing Gnuの楽曲。 Sri.Vinci時代のアルバム「Mad me more softly 」の収録曲をアレンジした曲で、常田大希さんがメインボーカルを務める歌です。メディアに対する批判が込められた歌のよう…

【海外の反応】宇多田ヒカル_Passion ~single version~「キングダムハーツ3が発売されると聞いて」「愛と喪失の歌」

宇多田ヒカル - Passion ~single version~ 「Passion 」は2005年に発表された宇多田ヒカルさんの楽曲。 今回紹介するのはsingle version。キングダムハーツ2の主題歌で、シリーズでは『光』に続いての起用となります。ゲームで使用されたopening versionに…

【海外の反応】Suchmos_808「ジャミロクワイみたいだな」「旅をしているような気分だよ」

Suchmos "808" (Official Music Video) 「808」は2018年に発表されたSuchmosの楽曲。 配信限定シングル1作目です。STAY TUNE に続いてHondaのCMソングとして使われました。MVにはHondaの車が登場しますが、そのナンバーは808になっています。曲名の由来はRol…

【海外の反応】椎名林檎 _神様、仏様「なんで1億再生いってないの」「今まで見た中で最高のMV」

椎名林檎 - 神様、仏様 「神様、仏様」は2015年に発表された椎名林檎さんの楽曲。 本人出演のauスマートフォンCMソングとして書き下ろされました。シングルCDには長く短い祭も収録され、初回完全限定生産で発売されました。曲中でラップを担当しているのはZA…

【海外の反応】TK from 凛として時雨_unravel HOME LIVE Ver.「聴いただけで喉が痛む…」「ドラマーは神の域に達した…」

TK from 凛として時雨 『unravel』HOME LIVE Ver. 「unravel」は2014年に発表された楽曲。「凛として時雨」のギターボーカルTKさんがソロ活動「TK from 凛として時雨」の名義で発表しました。このため「凛として時雨」のライブ等には登場しません。 この曲は…